2012年07月03日

〜源氏ホタルの里〜

6月29日(土)に源氏ホタルの里へ行ってきました。

私も田舎育ちなので、小さい頃に近所の田んぼで「ホタル」は見たことがあるのですが、

「源氏ホタル」を見るのは初めてなので、ちょっとワクワクしてしまいました。
(私が見たことがあるのは、「平家ホタル」で「源氏ホタル」より小さいです)

まだ少し明るい夜7時位に到着し、地元のホタル保存会の「螢松会」の皆さんと一緒に

蛍の数を数えながら見て回る事になりましたが、暗くなると写真が撮れないので

明るい内にパシャパシャ!

源氏ホタル風景1.JPG

綺麗な緑と小川の風景に癒されます・・・(●^o^●)

この「源氏ホタル」は綺麗な水と餌となる「カワニナ」という巻貝がいないと

生息出来ないようで、国の天然記念物に指定されています。

なので、文化財保護法で守られているので捕まえたりしないように注意です。
(道中の看板にそう書いてありました(・o・))

少し道を進んで行くと、こんな入り口を発見!

源氏ホタル風景2.JPG

お化け屋敷(+o+)!?・・・な訳なく、保存会の方に聞いたところ

『道路に面しているので、車のライトなどでホタルの光が見えないと言う状況を

少しでも防ぐために、暗幕をかけて光を遮断しているとの事』

ふむふむ・・・( ..)φメモメモ

ちなみに中に入るとこんな感じの風景が広がります。

源氏ホタル風景3.JPG

な〜んて事している間に暗くなって来て、いよいよホタルが出始める時間帯に。

土曜日という事もあり、大勢の人達が訪れていました。(1000人位はいたかも)

で、肝心のホタルの風景はと言うと・・・


人工の光には出せないであろう暖かな光と幻想的な風景と言いましょうか・・・

下に流れる小川に反射するホタルの光や、草むらに隠れているホタルの光も

いい味を出しております・・・と、言葉ではなかなか表せそうにないです(+o+)
(特に私の文章力では・・・)

手持ちのiPhoneのカメラでは撮影など出来るわけもなく、

保存会の方にお願いをして、写真を頂いてきました。
(写真は去年撮影された物)

源氏ホタル2011.jpg

実際にはこのように線になっては見えませんが、少しは雰囲気が伝わりますでしょうか?


当日は半袖では少し肌寒い感じでしたが、久しぶりに心休まる風景に出会えた気がしました。

欲を言えば暖かい飲み物(気温次第ですが)や、記念品的な物が売っていたらな〜と思いました。


最後に「源氏ホタルの里」参考情報です。
・ホタル保存活動の為に、協力費として200円をご用意下さい。
・今週末の7/8(日)位までが見頃との事。
・源氏ホタルの見れる時間帯は、おおよそ夜8時〜夜9時位
・場所は下の地図の「鱒渕簡易局」付近に駐車場(他にも何ヵ所か有)がありますので
 そこを目指せばいいと思います。
「鱒渕簡易局」住所:宮城県登米市東和町米川寺内55
posted by 米川地域おこし協力隊員 at 14:05| Comment(0) | 名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。