2012年02月13日

水かぶり

米川の国指定重要無形民俗文化財「米川の水かぶり」に参加!!

DSCN2238_01.JPG

米川住民でも米川2区(五日町)に住む男性しか参加できません。


2月3日、朝の気温はマイナス14度です。


防寒対策をしっかりしている観客の中、


私たち、水かぶりに参加するメンバーは、パンツ一丁にワラを着て、


足元はワラジを履き、雪が降り積もる道を「ホーホー」と奇声をあげながら、


家に水を掻けながら、米川の街を練り歩きました。

DSCN2222_01.JPG


この祭りは、火伏せの祭りで、自分たちが纏っているワラを抜き取りワラを自宅に


置いておくと火事にならないという、800年続くお祭りです。


ワラを抜かれる瞬間は、身が裂けるよな痛さで、祭り当日はお風呂に入ることも


一苦労でした。


寒さにより心筋梗塞にならないか心配しましたが、何事も無く、終了して安堵しました。


2月の寒い時期に裸にワラを着て、街中を練り歩くという、身も心も震えるお祭りが


米川にあることを身をもって体験しました。


やっぱり裸なるのは、夏だけで十分だと心底感じました。


posted by 米川地域おこし協力隊員 at 13:44| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやいや −14度の厳しい寒さの中 無事に行事が執り行われたのですね。 
藁を抜かれる時が痛い…
それは得がたい経験でしたねぇ〜。
抜く人 見てる人には 知りえないですものね。
本当に お疲れ様でした〜!
(心筋梗塞ならなくて 良かった♪)
Posted by ローマ at 2012年02月17日 07:27
いつもブログを観て頂き、ありがとうございます。

2月に裸でお祭りをする地域は、全国的にも珍しいので

はないでしょうか。

一度、観に来てください。
Posted by 開拓 at 2012年02月17日 15:05
お疲れさまでした。
 
継承者が、厳しくなっていると思いますが
大いに盛り上げてください。

Posted by ax-one at 2012年02月17日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。